まずは脱毛を予防する。
当たり前ですが、これが大事です。

では脱毛の原因は何でしょうか。

不規則な生活、バランスの悪い食生活は、髪の毛によくありません。
暴飲・暴食、偏食、インスタント食品の摂りすぎ、タバコの吸いすぎ、着色料・防腐剤含有食品の摂りすぎ
などは、頭皮や毛穴、毛根に悪影響を与えるのは間違いありません。

ストレスなどの精神的な疲労も脱毛に大きく関わります。
仕事、人間関係、受験勉強等、現代社会でのストレスによる疲労は、髪の毛にも悪影響を与えるのです。

病気や薬による副作用もあります。
病気、怪我に伴い、薬を服用することの副作用が抜け毛をもたらすことがあります。

薄毛に関して、遺伝も影響すると言われますが、これはあまり関係ないといわれています。
やはり日々の生活環境です。

脱毛予防には、髪に優しいシャンプーを使用すること、頭皮のマッサージを行うことなど、こうした外的な育毛、薄毛への心がけ以外に、内的な体質改善も大事です。

薄毛への対策としての体質改善には、肌、爪にも関連していることですが、バランスの取れたアミノ酸の摂取を心がけることです。

私たちの髪の毛・肌・爪は18種類のアミノ酸の複合体で出来ています。
このため、日々の食事を通して、髪の毛や肌・爪の素となる18種類のアミノ酸をバランス良く摂ることが大事となるのです。

アミノ酸は、毎日摂りいれることです。
少しばかり、毎日の食事のメニューを見直して、アミノ酸が毎日、どの程度摂りいれることが出来ているか、チェックしてみるといいのではないでしょうか。


PROTAGA(プロタガ)